ラフでミスが出た時の対処法


今回は、ラフでミスが出た時の対処法について、紹介したいと思います。

ダフリが出た時の対処法です。ボールをダウンブローで叩こうと
することが原因です。ボール手前から芝ごと刈っていく感じが必要です。

ボールを打つ前に、素振りで芝の抵抗を確認しておきましょう。

芝が逆目のときの対処法です。SWを使用して、
フォロースルーを無理してとらないようにします。

芝が逆目の場合、ラフの抵抗は、通常よりも
さらに強くなります。フェイス面をオープンにしたり、
クローズドにしたりすると、ミスが出る可能性が高まります。

ロフト角が立っているクラブで打ってしまうと、
さらに抵抗が強くなってしまいます。

そこでSWを使っていきます。芝の抵抗に負けないようにしていただいて、
左手のグリッププレッシャーを強くしていただいて、
インパクトでヘッドを止めていただいて、フォロースルーを
少なめにします。

ボールが芝に沈んでいる場合は、フェイス面をオープンにしていただいて、
フォロースルーは抑えていきます。

フェイス面をオープンにしていただいて、スタンスも
オープンにします。バックスイングでは、手首のコックを
早めに使っていきます。

ダウンスイングでは、手首のコックをぎりぎりまで
ほどかないまま、ボールを上からたたいていきます。