ラフとカラーの境目からのアプローチ


今回は、ラフとカラーの境目からのアプローチについて、

紹介したいと思います。

 

グリーン周りは、必ず芝を深めに刈ったカラーと言われる

部分があります。

カラーとグリーンの芝の長さがあまり変わりません。

カラーからなら女性ゴルファーの方でも、

パターで転がすことができます。

 

カラーからならパターで寄せるのが一番です。

しかしカラーとラフの境目にボールがある場合は、

パターで寄せるわけにはいきません。

 

ラフからパターで打とうとすると、

ストロークをラフの芝に邪魔されてしまい、

ボールの上を打ってしまう危険性があります。

 

ボールを正確にヒットしようとすると、

今度はダフってしまう危険性があります。

 

サンドウェッジにボールを上げようとすると、

これもダフリやトップの危険性が出てきます。

 

一番リスクが少ない打ち方が、7か9番アイアンで、

ボールを転がしていく方法です。

 

スイング軌道は、パターのストロークをイメージして下さい。

アイアンを使ったパターだと思ってください。

パターでボールを打つ感じで打てば、

上げる必要がないので、ミスは少なくなります。

 

確実にボールを転がすポイントは、

手首と両肩のラインを結んだ三角形を崩さないことです。

 

さらに最後まで両ひざの角度を維持することです。