ランニングアプローチをマスターする


今回は、ランニングアプローチについて、紹介したいと思います。

ランニングアプローチは、パッティングに非常に似ているので、
比較的マスターしやすいアプローチです。

距離感の出し方も、パッティングとよく似ています。

違いを挙げると、若干オープンスタンスになり、
ボールは、若干右にセットすることです。

クラブ選択ですが、グリーンエッジからなら、4か5番アイアン
エッジから少し離れていたら、6か7番アイアンが良いでしょう。

スイングですが、ややダウンブローという考え方もありますが、
パッティング同様に、バックスイングとダウンスイングの幅を同じにすることをおススメします。

アドレスは、腕を突っ張らないように若干曲げます。
肩、肘、手首のラインは、五角形になるようにします。
五角形の形を最後まで崩さないようにして、スイングします。
左手は、ぐらぐらしないようにしっかり固定します。

30ヤードくらいまでなら、手の振りでスイングします。
身体の捻転を入れてしまうと、かえってミスが出やすくなるので、注意して下さい。
左肩を中心にして、左の手の甲をターゲットに向けたまま、
腕の振りだけで、飛球線の後方に引いて、真っ直ぐに押し出します。

両肩を水平にすると、ダフリが少なくなります。