リカバリーショットの打ち方②


今回も、リカバリーショットの打ち方について、紹介したいと思います。

クラブを短く持って、スタンスも狭いので、飛距離は出ません。
そこで、確実にフェアウェイに出る方向を向きます。

ここで欲張ってしまうと、ラフやセミラフにつかまってしまうので、
確実な場所を選択してください。

スイングする前に、確実にやっておきたいことは、
どのくらいの距離を打ちたいのか、どのくらいのスイングをするのか
決めて、アドレスすることです。決めたら、迷わずにスイングします。

バックスイングは、ゆっくり上げます。
早く上げてしまうと、スイングが大きくなってしまい、
障害物に当たる危険性が出てくるからです。

クラブが地面と平行になるくらいに上げます。
打った後も顔を下に向けて、ヘッドアップしないように気をつけます。

ヘッドアップすると、トップしやすくなり、反対のラフにつかまってしまうといった
最悪の結果を招くことがあります。

顔の高さを変えずに、スイングしましょう。

木の根元でボールが止まってしまい、前に打つことができない場合は、
迷わず後ろに出します。

プロがするような、背面打ちや逆打ちは、相当な練習量と技術が伴います。
大抵は、チョロや空振りをしてしまうのが、関の山です。

後ろでも確実にフェアウェイに出す方法を考えましょう。