リカバリーショットの打ち方①


今回は、リカバリーショットの打ち方について、
紹介したいと思います。

ティショットを打った後、セカンド地点へ行ってみたら、
枝の茂った松の木の近くに、ボールがあったとします。

明らかにスイングの邪魔になる状況で、強引にフルスイングしてしまうと、
スコアを崩す危険性が出てきます。

リカバリーショットで大切なことは、ターゲットを正しく定めることと
確実なスイングです。

リカバリーショットで、NGなケースは2つあります。
1つ目は、無理に狙うことです。

障害物がある時に、フルスイングの素振りをしてしまうと、
障害物に触れて、ペナルティをとられてしまいます。

ボールを打つ時に、障害物に触れてしまうと、
思った以上にスイング軌道がずれてしまい、ミスショットになる確率が
高くなります。

2つ目は、ヘッドアップです。早くボールの弾道を知りたいために、
つい顔を上げてしまうと、トップや空振りの原因になります。

リカバリーショットのポイントは、クラブを短めに持つことです。
グリップぎりぎりを持ちましょう。スイングをコンパクトにすることで、
障害物に当たりにくくし、確実にボールをヒットしやすくします。

スタンスは、狭くします。こぶし1個分くらいの間隔が良いでしょう。
ボールは右足寄りに置きます。右足に置くと、ボールの最下点の手前で
ボールをヒットできるので、ダフリの危険性を防いでくれます。