リストターンとイメージ作り


今回は、リストターンとイメージ作りについて、

紹介したいと思います。

 

正確にリストターンができるようになると、

インパクトを強く捉えることができます。

ボールがフェイス面に乗っていく感じがあります。

ボールが確実に捕まるようになってきます。

 

 

クラブのシャフトを右手に持ってみて下さい。

左手にぶつけてみて下さい。

 

フェイス面がくるんと回ってくれます。

これがリストターンの原理です。

 

リストターンをマスターするためには、

20ヤードのアプローチから始めていきます。

 

フェイス面をターンしていくためには、

左手の中指、薬指、小指でしっかりと握るようにします。

 

フェイス面がくるりと返るようになってきます。

手首がヘッドより遅れてしまうと、フェイス面が閉じてしまい、

引っかけが起こってしまいます。

 

手首がヘッドよりも先に進むと、ハンドファーストの形は、

フェイス面をスクエアにしてくれます。

 

 

普通にアドレスしたら、ヘッドをひょいと持ち上げます。

腰を回していって、インパクトの形を作っていきます。

 

手首の角度を変えずに、スイングしていって下さい。

スイング中は、ヘッドの手首、肘、両肩を結んだ形は、

できるだけ崩れないようにして下さい。

 

バックスイングでは、フェイス面をオープンにしないで下さい。