リフォーカス


今回は、リフォーカスについて、紹介したいと思います。

リフォーカスとは、ミスショットのよる感情の乱れを修正して、
次のショットに集中するテクニックです。いわゆる気持ちの切り替えに相当します。

気持ちを切り替えるためには、メタ認知という脳の機能を活用していきます。
メタ認知とは、自分で自分を監視する機能です。メタ認知が働いているときは、
自分を監視出来ていて、自分をコントロールできている状態と言えます。

メタ認知を働かせるために、心の信号を活用します。頭に青信号、黄色信号、赤信号をイメージします。
リフォーカスをする絶好のタイミングは、黄色信号になった時です。

黄色信号は、何を意味するかというと、ちょっとやばいなという状態です。
青信号は、OKの状態です。赤信号は、頭が真っ白の状態です。

まずは、試合で黄色信号に気づくことが重要です。
黄色信号になる場面はたくさんあるので、たくさん黄色信号に気づいて下さい。

黄色信号に気づいたら、目線を変えます。上を向いても横を向いても構いません。
目線を変えたら、深呼吸を入れて、何か動作を入れます。防止をかぶりなおす。
芝をつかんで捨てるなどなんでもかまいません。ポイントは、心を込めて実施して下さい。