ロブショットの打ち方②


今回も、ロブショットの打ち方について、
紹介したいと思います。

次にスイングです。芝が短い時は、
バックスイングでは、肩と腰のラインに合わせた軌道で、
クラブを上げてきます。

この時、コックを使ってください。
手打ちにならないように、上体も十分に捻転します。

ダウンスイングでも、バックスイングと同じ軌道で下してきます。
インパクト後は、ターゲットより左側に振り抜いていくと、
フェースはオープンの状態になり、ロブショットになります。

この時の軌道は、カットに入るため、ヘッドのヒール側が先に
ボールにヒットします。

そうすると、ヘッドの溝にボールが長く乗ることになり、
強力なスピンがかかりやすくなります。

30ヤードくらいの距離であれば、スリークォーターショットくらいの
ふり幅が適当です。

ボールを高く上げるのは、ロフトです。
上げようと力んでしまうと、ミスショットの原因になります。

力を抜いて、一定のリズムで振りましょう。

深いラフの時は、芝の抵抗に負けないように、
腕に力を入れて、強くクラブを振り抜きます。

手首の動きは押さえて、ターゲットの後方にバックスイングして、
身体の捻転と腕の力で、振り抜きます。

そうすると、リーディングエッジでボールをヒットできるので、
芝に負けないショットになります。