ロングパットを寄せる方法


今回は、ロングパットを寄せる方法について、紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、ロングパットは難しいと感じているはずです。
原因として考えられるのは、普段長いパットを練習する機会が無いからだと思います。

自宅で練習できるのは、せいぜい5メートルだと思います。
10m以上だと、コースを回らないと、練習する機会は、ほとんどないと思います。

ロングパットを寄せるためには、距離感を磨く必要があります。
距離感をコントロールしているのは、右手です。
距離感を磨くために、右手だけで素振りをすることをおススメします。

コースなどで、ロングパットをするときは、右手だけでパターを持って、
ターゲットを見ながら、素振りをして、大体の距離感がつかめたら、
そのタッチのまま、パッティングすると良いです。

ストロークのふり幅は、左右対称が基本です。
フォロースルーを長めにとったり、短めにしたりするケースもありますが、
アマチュアの方々は、オーソドックスに左右対称にすると、
テンポが良くなって、寄る可能性が高くなります。

パッティングで、ボールをはじくように打つパンチショットは禁物です。
インパクトがずれたり、距離感が合いにくくなります。