ロングパットを2パットで決めるコツ


今回は、ロングパットを2パットで決めるコツについて、紹介したいと思います。

カップまでの距離が10メートル以上あるロングパットで重要なのが、
情報収集です。ボールの後ろに立って見たり、ボールがある位置から
低い場所に移動して、傾斜をチェックします。

次にボールからカップまでのおおよそのライン周辺を歩いてみて、
足の裏の感覚をフル動員して、芝の微妙な凹凸をチェックします。

小さな変化ではありますが、足の裏に全神経を集中すれば、
感じ取ることができます。歩測しながらだと、足の裏に集中できないことがあるので、
歩測は後回しにします。

視覚と足の裏の感覚にずれがある場合は、視覚は騙されやすいので、
足の裏の感覚を信じるようにします。

打ち出しのラインが決まったら、打ち出したい方向に正確に打ち出す
ストロークが重要になってきます。

ストロークの注意点は、下半身が緩まないように緊張させることです。
手首も緩まないようにして、へそを中心に肩と腕を動かしていきます。

下半身が緩んでしまったり、手首が動いてしまうと、フェイス面がストレートでなくなったり、
スイング軌道がずれてしまい。正確に当てることができなくなるので、注意して下さい。

スイングの最中は、速度が一定であり、左右対称のふり幅になるようにして下さい。
インパクトでは、ヘッドの動きは低く長くなるようにします。
パンチショットにならないようにして、ヘッドの動きとボールの動きが同じになるようにして下さい。