ワッグルマスター方法


今回は、ワッグルマスター方法について、紹介したいと思います。

スイングを開始する前に、腕や足を左右に動かす作業をワッグルと言っています。
上級者の意見を聞いてみると、ワッグルにはさまざまな意味があるようです。

1.    ワッグルをスイング動作の1つと考えているケースがあります。
手首を左右にゆらゆらさせながら、若干足踏みを加えます。スイング開始前にリズムを作る効果があります。

2.    シューズの中の指を前後に動かして体重移動をするケースです。
同時にヘッドを地面から少し浮かします。手首のリラックスを感じながら、
ヘッドからへそまでの距離を確認します。

3.    両足のつま先を上げるケースです。つま先は交互に上げます。
重心が前後に移動するので、つま先を上げながら、理想的な重心位置を確認します。

4.    肩から腕全体を使って、真っ直ぐにヘッドを引くケースです。
バックスイングのリハーサルを兼ねる効果があります。

5.    バックスインを腰の高さまで上げたら、腰を回転させてインパクトの形を作ります。
インパクトのリハーサルを兼ねる効果があります。

6.    パターでのワッグルのケースです。グリップを一旦外して再び握り直します。
グリッププレッシャーの確認とクラブの重みを体感できる効果があります。