一体化スイングのための右ひざと右肩の動き


今回は、一体化スイングのための右ひざと右肩の動きについて、紹介したいと思います。

ダウンスイングで下半身から先に動いていくことは大切ですが、
下半身が早く動きすぎてしまっても、クラブが遅れて降りてきてしまって、
右にボールが抜けていってしまいます。原因としては、右ひざの動きが考えられます。

右ひざが早く左ひざ方向に動いてしまうと、ボールが右にいってしまいます。
ダウンスイングでは、右ひざが動かないようにロックして、
手首が腰の位置にくるまで、右ひざを送ってあげるようにします。

一体化スイングのためには、右肩が突っ込んでしまうことにも注意が必要です。
ダウンスイングで体重を十分に左足に乗せていかなかったり、
打ち急ぎ、当てにいこうとすることが原因です。

体重が左足に乗ってから、クラブが降りてくると、右肩の突っ込みを防ぐことができます。
右肩の突っ込みを防ぐためのドリルとして、クロスハンドがあります。

クロスハンドとは、通常とは逆に、右手をグリップエンドに近い方で握り、
左手をシャフトに近い方で握ります。クロスハンドで素振りをしてみてください。

クロスハンドでは、右肩が突っ込むことはなく、体重を十分に左足に移動してないと、
スイングすることができないので、打ち急ぎ、当てにいく、
右肩の突っ込みを防ぐことができます。