一流プレーヤーのプレショットルーティン


今回は、一流プレーヤーのプレショットルーティンについて、紹介したいと思います。

世界のトップゴルファーの特徴は、
ルーティンを開始してから、バックスイングが
開始されるまで、動作が一定になっています。

一定の動作を一定のリズムで行うことを
プレショットルーティンと言います。

最終ホール、この一打で勝敗が決まるような
場面でも、一定のプレショットルーティンを
実施することで、いつもと同じスイングをすることができます。

ルーティンにルールはありません。
自分に一番合ったルーティンを探すことが重要です。

マスターズで優勝したある一流ゴルファーは、
右肩までクラブを上げてくる大きめのワッグルを
しています。ルーティンは、個人差が大きいテクニックです。

ティアップした後、ボールの後方に立って、
クラブを立てて、左手のグリップを決めます。

左手でクラブを握った状態を維持したまま、
アゴを上げて、上を向きます。
腰の位置を意識していただいて、
右手で腰を触ります。

ボールの正面で素振りをしていただいて、
フェイス面を飛球線に対して、スクエアに構えます。

軽く足踏みをしていただいて、
身体が硬くなる前に、バックスイングを開始します。

ボールの後方から、アドレス位置に向かう際に、
スパットに視線を落とすと、身体が右を向きにくくなります。