上りと下りのパットの打ち分け方


今回は、上りと下りのパットの打ち分け方について、紹介したいと思います。

最初に上りのパットを決める際の基本コンセプトについて、説明させてただきます。
上っているから強く打とうと考えてしまうと、カップをオーバーするんじゃないかという恐怖感が出てきてしまいます。

これは、傾斜の角度を気にしすぎてしまうことが原因です。上りでは傾斜に注意を向けるのではなく、
距離を基準に考えて、長い距離を打っていく意識が必要になってきます。

その方がタッチが合いやすくなります。フラットなライで30センチくらいオーバーするタッチで打つ方であれば、
上りのライでは、さらに20センチ長い距離を打つ感覚で打てば、距離感が合いやすいと思います。

上りの打ち方ですが、右手の動かし方が重要です。右手でボールを押し込んでいく感じが大切です。
右手でボールを押し込むことによって、フォロースルーが長くなり、ボールが転がるようになります。

フォロースルーで、ヘッドが浮き上がってしまうのはNGです。
押し出す際は、左手首の角度をキープしたまま、フォロースルーをとってください。

低く長いフォロースルーを意識して下さい。左手首の角度は、フォロースルーの時だけでなく、
バックスイングからキープするようにして下さい。