上りのパットとショット


今回は、上りのパットとショットについて、紹介したいと思います。

ラインが上っていたり、曲がるかもしれないし曲がらないかもしれないような微妙なラインでは、
少し強いタッチで打ちたいものです。

普通にストロークを大きくしてスイングする手もありますが、
ボールの位置を変える方法もあります。

ボールを若干右サイドにセットすることによって、普段と同じ感覚で、
スイングするだけで、若干強めのボールを打つことができます。

手首の位置は、普段通りの左足内側にセットします。

ボールを右サイドにセットすることによって、ハンドファーストの状態になって、
強く打ち出すことができるようになって、ロフト角も立つので、
普段と同じ感覚でボールを強めにヒットすることができます。

体重配分は、左足にかけるようにします。体重を右足にかけてしまうと、
スイング軌道がアッパーブローになってしまい、強くボールを打ち出すことができなくなってしまいます。

ショット編です。向かい風の時の打ち方ですが、
ボールは、パットの時と同様に、右サイドにセットして、ハンドファーストの状態にします。

体重は同様に左サイドに乗せていきます。
バックスイングを開始しても、体重は左サイドのままです。

そうするとインパクトからフォロースルーにかけて、低く長いスイング軌道になって、
向かい風に負けないボールを打つことができます。