上体の前傾角度をキープする方法


今回は、上体の前傾角度をキープする方法について、紹介したいと思います。

前傾角度を崩さないために、多くの方が前傾角度を意識して、
スイングしていると思います。しかしこの方法だとかえって前傾角度が
崩れてしまうかもしれません。

前傾角度が崩れてしまいやすいタイミングは、インパクトの瞬間です。
この原因として考えられるのが、バックスイングで、身体が沈んでしまうことです。

インパクトでの前傾角度をキープするためには、インパクトを注意しても
改善されません。

バックスイングで身体が沈んでしまうと、ダウンスイングでは、
その反動で、身体が起きてしまうのです。

インパクトでの身体の伸び上がりを改善するには、
バックスイングで、上体をねじりあげることが重要です。

ねじりあげることによって、重心は上方に移動していきます。
その反動で、ダウンスイングでは、重心が下方に移動していきます。

この動きによって、上体の起き上がりを防ぐことができます。
インパクトでの前傾角度をキープするための練習ドリルを紹介します。

トレーニング等で使うゴムチューブを用意してください。
両端を結んで輪を作ってください。

輪を作ったら、右肩にチューブをひっかけます。
身体の前を通って、左足にひっかけて踏んで下さい。

足と肩でゴムの圧力を感じることができるくらいに調節してください。
その状態からアドレスしていただいて、ゴムを伸ばすつもりで、
バックスイングをねじりあげていきます。

顔の位置が動かないようにして下さい。
ダウンスイングでは、ゴムが戻る力を利用して、
上体を戻してきて下さい。

リズミカルに何回か繰り返してください。