上半身の捻転をつくり、スライスを抑える練習ドリル


今回は、上半身の捻転をつくり、スライスを抑える練習ドリルについて、紹介したいと思います。

スライスの原因として考えられるのが、身体の捻転不足です。
捻転が足りなくなってしまうと、手打ちになってしまい、
ダウンスイングでフェイス面が開きやすくなってしまいます。

また上体が起き上がってしまうことによって、右肩が下がってしまい、
フェイス面が開いてしまい、スライスになることもあります。

今回のドリルは、身体の捻転をしっかりと作り、スライスを修正する方法です。
まずは、ティを使っていきます。

1

ティの向きが、少しボールよりも右を向くように顔の向きを変えて下さい。
このようにすることで、バックスイングでクラブを上げた時に、
左肩が入りやすくなってきます。

2

肩のラインが入りやすくなるということは、インパクトでの
フェイス面の開きがなくなってくることを意味します。

また右に向いていることで、ヘッドアップをしにくくなり、
しっかりと頭を残したスイングが作れます。

実際にティを右に向けて状態で、インパクトまでスイングしてみましょう。

3

ティの代わりになるものであれば、ティでなくても大丈夫です。
わりばしのような真っ直ぐな棒で大丈夫です。

▼動画レッスンはこちら▼