上半身の捻転をつくり、早打ちを無くす練習ドリル


今回は、上半身の捻転をつくり、早打ちを無くす練習ドリルについて、紹介したいと思います。
身体の捻転をマスターしていただき、バックスイングをスムーズに行う方法です。
身体が硬い方がバックスイングをするのに、有効なドリルです。

バックスイングで、ボールを見るのではなく、グリップを見ながら、
バックスイングしていきます。

グリップを見ながら

このスイングによって、アゴのラインが少し右側に移動していきます。
肩の捻転を作りやすくしてくれます。

通常通りにアドレスしていただいて、ボールは身体のセンターにセットします。
手首を使わずに、肩の回転を意識して、グリップを見ながら、
バックスイングしていきます。

バックスイング

手首を見ながらバックスイング、トップを作っていただき、
そのままダウンスイングしていきます。

フォロースルー

ダウンスイングでは、ボールを見ながら、スイングを作っていきます。
それでは一度打ってみたいと思います。

手首を見ながらバックスイングしていきます。
手首を見ながらクラブを上げることによって、アゴのラインが移動していき、
左肩がアゴの下に入りやすくなってきます。

トップかトップになる直前で、目線をボールに移動して、
ダウンスイングしていきます。

上半身の捻転を作りにくい方は、この練習ドリルを試してみて下さい。

▼動画レッスンはこちら▼