上級者のグリップ


今回は、上級者のグリップについて、紹介したいと思います。

グリップでよく使われるのが、オーバーラッピンググリップです。
比較的力を入れる指は、左手の小指、薬指、中指になります。

右手をグリップする時のポイントは、クラブを下方向からグリップしていくことです。
右手を上方向から握ってしまうと、右ひじが右方向をさしてしまい、
バックスイングしたときに、右わきが開いてしまうことがあります。

そうすると、トップからダウンスイングにかけて、スイング軌道がアウトサイドインになってしまいます。
アウトサイドインは、スライスの原因になってしまうので、どの方向からグリップするかは、非常に重要になってきます。

右手を下方向からグリップすることによって、右ひじが下方向を向くようになります。
その状態のままバックスイングを開始すると、トップの段階で、右ひじがある程度締まった状態になります。

ダウンスイングも本来のスイング軌道になって、インパクトを飛球線に対して、垂直に迎えることができます。

右手は、リラックスするようにして下さい。右手に力を入れてしまうと、フェイス面が返ってしまい、
フックや引っかけの原因になります。右手がリラックスることによって、フェイス面が正しい動きをするようになります。