下りのパットの打ち分け方


今回は、下りのパットの打ち分け方について、紹介したいと思います。

下りのパットをマスターするための基本コンセプトですが、カップを狙ってしまいますと、大きくオーバーしてしまいます。
ボールからカップまでの距離の半分にカップをイメージしていただいて、
そこを狙い、そこからはボールの惰性で転がすつもりで打っていきます。

打ち方のポイントですが、カップを狙うのではなく、カップまでの距離の半分を転がせばよいので、
強く打ち過ぎないために、スタンスを狭くします。基準は、肩幅よりも狭くして下さい。

振り幅はスタンスと同じにすると、強く打ちすぎることを防いでくれます。
スイングスピードは同じにして下さい。スピードが変わってしまうと、インパクトで緩んでしまうので、注意して下さい。

注意点としては、上りのパットのように右手で押し込んではいけません。
押し込む代わりにインパクト後は、フォロースルーは必要最小限にしておきます。

スタンスを取る時は、左足を最初に狭くします。次に右足を狭くします。
ボールは、身体のセンターにセットしてみてください。重心は、上りのパットと同様に左足にセットして下さい。
ストローク中の体重移動はNGです。