下半身でスイングすると良いボールが打てる秘訣


今回は、下半身でスイングすると良いボールが打てる秘訣について、
紹介したいと思います。

多くのゴルファーの方々は、ついつい上半身でスイング
してしまうと思います。

しかし上半身だけでスイングしてしまうと、トップの位置が
不安定になってしまいます。

トップが不安定だと、ダウンスイングの軌道も不安定になり、
飛距離も方向性もばらばらになってしまいます。

バックスイングでは、太もももしくは膝の内側に力を入れて、
下半身主導でスイングし、しっかり右足に体重移動します。

ダウンスイングでも、下半身主導でスイングすれば、腕は
ほとんど使われていないのに、トップもダウンスイングの軌道も
安定して、飛距離も方向性も安定してきます。

下半身主導にすると、なぜ飛ぶかと言うと、
ダウンスイングで、下半身にくっついて、
上半身が後からくっついて降りてきます。

そこに上半身と下半身にねじれの差が生まれます。
そうなると、インパクトからフォローにかけて、
ヘッドスピードが上がってくるのです。

下半身を意識するための練習法として、
クラブを逆に持って、素振りする方法があります。

クラブを逆に持つと、クラブを軽く感じるはずです。
軽いものを持つと、下半身を意識しやすくなります。

その状態から、腹筋とお尻に力を入れて、構えます。
そうすると、上半身の力が抜けやすくなるので、
腹筋でバックスイングを始動するようにして、素振りをしてみて下さい。

1つ実験をしてみましょう。通常通りのアドレスで素振りをしてみ下さい。
次に足を閉じて、素振りをしてみ下さい。

多分全ての方々は、足を閉じた方のが、ヘッドスピードが遅くなるはずです。
なぜ足を閉じるとヘッドスピードが落ちるかというと、下半身が使えないからです。

それくらいゴルフでは、下半身の動きが大切なのです。
下半身を使えているかの判断基準は、一本足スイングで確認することができます。

まずは、通常通りにアドレスして下さい。
バックスイングと同時に、左足を上げていきます。
特に膝を高く上げて下さい。

左膝が右膝の真正面に来るくらい、高く上げて下さい。
トップからダウンスイングにかけて、頭を中心に上半身を沈み込ませながら、
左足を踏み込んでいきます。

左足を曲げてまま、地面を踏みしめ後、ボールを打つ音が聞こえたら、
下半身を使えていると判断できます。

逆に左足を下したと同時に、ボールを打つ音が聞こえてきたら、
上半身を使ってしまっていると判断できます。

ゴルフのスイングでは、よく左側に壁を作れと言います。
しかし壁を意識しすぎてしまうと、かえって左足が突っ張ってしまい、
右足に体重が残ったままになってしまいます。

左足の内側が地面から離れるくらいの感覚で、体重を乗せていきましょう。