下半身主導のスイング


下半身を十分に使うためには、体重移動や
膝の動き以外にも、足の指を使う必要があります。

多くのプロゴルファーは、足の指で、
地面をつかんで、踏ん張りを効かせているのです。

特に重要になってくるのが、右足の親指、中指、人差し指です。
この三本をインパクトからフォロースルーにかけて、
踏ん張り、地面を蹴り上げることで、
下半身が使えて、安定したスイングを可能にします。

まずは、アドレスです。
アドレスで、両足の親指、人差し指、中指で、
地面をしっかりとつかみます。

このつかみがないと、身体が前後左右に揺れてしまい、
安定したアドレスがとれません。
例え誰かに押されても、微動だにしないくらい、
地面をつかみましょう。

アドレスで、いきなり地面をつかまずに、
足の指を何回かにぎにぎしてから、つかむと
足がリラックスして、地面をつかみやすくなります。

かかとを浮かせたつま先立ちで、素振りをすると、
足の指で地面をつかむ感覚がわかりやすいです。

調子が悪くなると、かかと体重になりやすい方は、
地面をつかむことによって、かかと体重を防止することができます。

スイング中は、常に足の裏で、地面を感じることが必要です。
地面をつかむことによって、足の裏で地面を感じやすくなります。

バックスイングで、みなさんの左膝はどのような動きをしていますか。
もし左膝を右足側に寄せていたとしたら、要注意です。
左膝が右足側に寄ってしまうと、左肩は十分に回らずに、
下がってしまいます。

左膝は右足側に寄せるのではなく、前に出すようにします。
左膝が前に出ることによって、左肩は十分に回り、
あごの下まで、肩が入ります。

膝頭を常に身体の正面に向けておくようにすると良いです。
膝を前に出すことによって、体重は、つま先にかかってきます。

つま先にかかることによって、指で地面をつかみやすくなります。
左膝が前に出ることによって、バックスイングで体重は、
右足のつま先にかかってきます。

ダウンスイングでは、左足のつま先に体重がかかり、
スムーズで安定したスイングが出来るようになります。

みなさんは、ベルトの角度を注意したことがありますか。
ハードヒッターのインパクトの共通点は、
腰は左腰の上方で、大きく開いているにも関わらず、
ベルトの角度は変わっていない所です。

多くの方々は、左腰の上方で、腰が回転せず、
左腰が伸びていたり、右腰の上方で、腰が回り、
腰が引けてしまっています。

そこでベルトの角度が、重要になってきます。
アドレスの時のベルトの角度をインパクトでも
維持するようにします。

そうすると、バックスイングで体重は、右足に移動しやすくなり、
ダウンスイングでは、自然と左足に乗ってくるようになります。

ここでベルトの角度を一定にするための練習方法を紹介します。

足を大きく開いたワイドスタンスにします。
膝と腰を落として、重心を低くします。
その状態で、スイングして下さい。

股関節に体重が乗ってくる感覚が味わえます。
何回か素振りをしたら、いつものアドレスで、スイングして下さい。
ベルトの角度を変えずに、腰が回る感覚がわかりやすいです。

他には、股関節をストレッチする方法があります。
両手を肩幅の2倍くらい開いて、壁につけます。

いつも通りのアドレスをしたら、股関節だけを
左右にねじります。

このストレッチを繰り返すと、股関節の可動域が広がって、
腰を回転しやすくなります。