低いボールを打つ方法


今回は、低いボールを打つ方法について、紹介したいと思います。

ティショットで少し曲げてしまい、ボールの落下地点に
行ってみたら、目の前に木の枝がかかっていた。

枝の下を低いボールで打っていくしかない状況です。
グリーンまでの距離は、120yd。
9番アイアンでちょうど良い距離。
低いボールで攻めるにはどうしたら良いか。

低いボールを打った時のミスショットには、
いくつか原因が考えられます。

ボールを右サイドにセットすることが重要ですが、
十分に右サイドにセットしきれていない時です。
右にボールをセットしないと、高いボールになってしまいます。

目線を高くとってしまい、インパクトで
左肩が上がってしまうケースです。
目線を低くすることが重要です。

低いボールを意識しすぎて、
手首をハンドファーストにしてしまうケースです。

極端にハンドファーストにしてしまうと、
スイングが苦しくなってしまい、
手打ちスイングになってしまいます。

修正ドリルとしては、アドレスでは、
ボールの左サイドを見れるような位置に、
ボールをセットします。

ボールの位置は、右足のかかとの前方にセットして、
左ひざは、飛球線方向に曲げておきます。

スイングでは、左脇を締めたままにして、
低く長く振り抜いていきます。