低く長いインパクトゾーンマスター法


今回は、低く長いインパクトゾーンマスター法について、紹介したいと思います。

クラブは、ショートアイアンを用意して下さい。9番アイアンをオススメします。
ボールをいつもの位置にセットして下さい。セットしたら、ボール3個分くらい感覚を開けて、
前方にもう1個セットして下さい。

2個ボールをセットしたら、2個同時に打ってみてください。
なぜショートアイアンかというと、最初に打った後ろのボールの弾道が高くないと、
前のボールに当たってしまうからです。

最初は、2個同時に打つと、後ろのボールはターゲットに飛んでいっても前方のボールは、
左右にぶれてしまうことが多いです。

低く長いインパクトゾーンができてくると、前方のボールもほぼターゲット方向に飛んでいきます。
前方のボールが左に行ってしまう方は、後ろのボールに当たった直後に、フェイス面がかぶってしまうからだと考えられます。

後ろのボールを打った後も、できるだけ低く長いスイング軌道を描くようにして下さい。
2個ボールは、ターゲット方向に飛ぶようになれば、低く長くまっすぐなインパクトゾーンになっているので、
多少の打ち損じでも、ミスを最小限にとどめることができます。

低く長くまっすぐなインパクトゾーンになると、
実際にコースでボールを打ったときに、ターフが綺麗な長方形になるはずです。