体重移動と左サイドの壁


今回は、体重移動と左サイドの壁について、紹介したいと思います。

飛距離を出すのに必要だと言われる左サイドの壁ですが、
足を使って体重移動をする場合は、左の壁は、必要ありません。

左サイドの壁を意識しすぎてしまうと、体重移動がうまくできないことが多いようです。
体重が右足に残ったままになってしまい、あおり打ちになってしまいます。

トップからダウンスイングにかけては、上半身はスウェーしないように、
右サイドに残しますが、下半身は、積極的に体重移動していきます。

この時、多少左膝が、飛球線方向に動いてしまっても構いません。
左膝が動いてしまう位の体重移動が必要です。

ダウンスイングで左足の外側が、上半身は地面から離れてしまったり、
左のつま先が外側に向いてしまっても構いません。

それは、体重移動が十分にできている証拠とも言えます。
これらのことができていれば、結果的に体重移動ができてきます。

ダウンスイングで体重移動をする時、上体が突っ込まないように注意して下さい。
影を見ながら、素振りすると、上体の突っ込みをチェックできま
す。

他の練習法としては、バックスイングからダウンスイングをノンストップでやるのではなく、
トップで一旦スイングを止めて、ダウンスイングを開始します。

トップで動きを止めることによって、十分な体重移動をしないと、
ダウンスイングができないので、足を使う練習になります。