体重移動のタイミング


今回は、体重移動のタイミングについて、紹介したいと思います。

ボールを確実にミートするだけだったら、
スイングを小さくするに限ります。

しかしスイングを小さくすればするほど、
ボールは飛ばなくなってしまいます。

ボールを飛ばすためには、振り幅と体重移動
重要になってきます。

体重移動は重要ですが、体重移動が多すぎると、
身体が左右に流れてしまい、ボールは真っ直ぐ飛ばなくなってしまいます。

適度な体重移動が重要になってきます。

最初に、体重移動を意識するための素振りを紹介します。
実際のアドレスよりも、広めにとって、オーバーに体重移動を
していきます。

素振りでは、体重移動をオーバーにしないと、
実際のスイングでは、体重移動を使うことはできません。

バックスイングでは、ゴルフパンツの左足の付け根に、
しわが何重にも寄るくらいの感覚で、素振りをしてみて下さい。

正しい体重移動は、右足から左足に体重が移動する感覚ではなく、
右足の下の方から、左足の下の方へ体重を沈み込ませる感覚です。

正確には、左足の内側の下の方へ沈み込ませる感覚です。

トップポジションでは、右足の内側の下の方へ、
体重を沈み込ませます。右側に移動してしまうと、
身体が浮き上がってしまい、重心が右側に乗ってくれないので、
注意して下さい。

フォロースルーでは、体重を左足の下の方に沈み込ませてください。
この動きによって、体重が左側に流れてしまうことを防いでくれます。