傾斜面からのショット


今回は、傾斜面からのショットと言うテーマで、紹介したいと思います。

コースでは、様々なライを経験すると思いますが、厳密には傾斜がないライは、
存在しません。少なからず傾斜は、存在しています。

傾斜面からのショットで重要になってくるのは、構えた時に、ボールのどの部分を
見つめるかです。

1つ例を挙げましょう。左足下がりのライだったら、みなさんはどこを見ますか。
もしボールの右側を見つめたとしたら、ダフリの可能性が高まります。

左足下がりのライでは、ボールの真上もしくは左側を見つめることが重要です。
ボールを見つめる場所を使い分けることによって、傾斜に沿ったスイングができるようになります。

今度は、右足下がりだとしたら、どこを見ると思いますか。
ボールの右側を見るのが正解です。反対の左側を見てしまうと、トップの危険性が出てきます。

ゴルフのアドレスでは、脚の向き、腰の向き、肩の向きなど身体のラインも重要ですが、
目線も重要な要素となってきます。

ボールのどこを見るかが、傾斜面でのスイングに影響を及ぼすことは、お話しした通りですが、
ボールを見るときに、頭を傾けて見るのは、NGです。

頭を傾けてしまうと、体重配分に狂いが生じてしまい、ボールを見る部分が合っていたとしても、
スイングが崩れてしまいます。

頭の位置をキープしたまま、目玉だけを動かして、ボールを見つめて下さい。