傾斜面からのフェアウェイウッドの打ち方


今回は、傾斜面からのフェアウェイウッドの打ち方について、紹介したいと思います。

フェアウェイウッドの打ち方の原則は、手打ちはNGだということです。
しかしこれは、フラットなライの場合です。

しかし傾斜面からの打つ場合は、シャフトが長いので、傾斜があると、
身体の回転では、スイングしにくくなります。
飛距離をあまり狙わずに、コンパクトなスイングを意識して下さい。

傾斜面からの打つ場合は、飛距離よりも方向性を第一に考えていただき、
低いボールでは打っていくことが、正確にボールを飛ばすポイントです。

1.左足下がりの場合
高いボールを打とうとすると、ダフリでやすいので、
低いボールを打つ意識が必要です。
傾斜なりにヘッドの動きを低く保ち、身体が伸び上がらないように、注意して下さい。

インパクトの時は、手首の形は、ハンドファーストです。
手首の形を維持しながら、フォロースルーまでもっていきます。

高いボールを上げようとすると、ミスにつながるので、注意して下さい。
スイング軌道はアウトサイドインになります。ダウンブローで振り抜き、
上体が流れないように、注意して下さい。

2.つま先下がり
ひざの柔軟性を維持しながら、腰を落として、
上半身を主に使って、スイングして下さい。

腰の回転を使ってしまうと、スイング軌道がフラットになてしまい、
極端なインサイドインになってしまうので、注意して下さい。
スイング軌道は、ダウンブローになります。

ひざの角度は、最後まで変わらないようにして下さい。
身体に力が入ってしまうと、ミスにつながるので、
ひざ、腕、グリップを脱力するようにして下さい。