傾斜面からフェアウェイウッドを打つ方法


今回は、傾斜面からフェアウェイウッドを打つ方法について、紹介したいと思います。

ドライバーで飛距離が出ない方は、多少の傾斜面でもフェアウェイウッドを使っていく必要があります。
傾斜面でフェアウェイウッドを打つポイントは、どんな角度の斜面でも、斜面に対して垂直に立つことです。

またミスショットの可能性を少なくするために、コンパクトなスイングを心がけることです。

傾斜面に対して垂直にアドレスすると、身体の軸がずれなくなり、スイング軌道が安定してきます。
傾斜面に逆らってしまうと、だふりやトップの原因になってしまうので、注意して下さい。

左足上がりでは、傾斜に沿って振っていくよりは、地面にクラブを当てていく感じでスイングするようにして下さい。
傾斜に沿ったスイングになってしまうと、身体が起き上がってしまいます。

左足下がりでは、アドレスは、若干左サイドを向きます。
スイング幅は、スリークオーターを心がけて下さい。