傾斜面のアプローチ中級編


今回は、傾斜面のアプローチ中級編について、紹介したいと思います。

ライが悪い時のアプローチでは、確実にボールをヒットする必要があります。
対策はいろいろと考えられますが、ミスショットを最小限に防ぐ必要があります。

左足上がりのライでは、ボールを正確にヒットするためには、スイング幅を小さくする必要があります。
スイングを小さくすることによって、距離が出ないので、距離を出すために、ロフト角が少ないクラブを選んでください。

手打ちになってしまうと、正確にヒットすることが難しくなってしまうので、ボールを右サイドに移動して下さい。
ボールをヒットするときは、クラブを当てるよりは、右手の平をボールにヒットするイメージを持って下さい。

左足下がりでは、ヘッドが地面にくっついた状態を維持して下さい。
クラブはユーティリティとかフェアウェイウッドを選択します。
傾斜面に沿ってバックスイングして、傾斜面に沿って、ダウンスイングしていきます。

グリップは短めに握ります。アプローチでフェアウェイウッドやユーティリティを使うのは不慣れなはずです。
長く握ってしまうと、ミスショットの恐れが出てしまうので、クラブは短めに握るようにして下さい。