傾斜面のアプローチ初級編


今回は、傾斜面のアプローチ初級編について、紹介したいと思います。

傾斜面でのアプローチの基本は、傾斜面に沿ってスイングすることです。
傾斜面に沿ってスイングしているにも関わらず、ミスショットが出てしまうとなると、他に原因が考えられます。

原因の1つにインパクトがあります。アプローチで手打ちをしてしまうと、インパクトを点で捉えてしまいます。
インパクトを点で捉えてしまうと、ミスが出やすくなってしまいます。

インパクトは点ではなく、線で考える必要があります。インパクトを線で捉えるためには、
バックスイングよりもフォロースルーを大きくする必要があります。

ダウンスイングをコントロールしようとしてしまうと、インパクトが緩んでしまったり、
パンチショットになってしまいます。インパクトは徐々にスピードを上げていく必要があります。

左足上がりのライでは、フォロースルーをスムーズにするために、
フェイス面をオープンに構えます。フェイス面に合わせて、スタンスも若干オープンにします。

左足下がりのライでは、左手の甲をターゲット方向に押し出していきます。
ボールを上げようとしないで下さい。

インパクトからフォロースルーにかけては、
右ひざを押し込んでいって下さい。