冬場のアプローチ攻略法


今回は、冬場のアプローチ攻略法について、紹介したいと思います。

枯れた芝の上から打つアプローチは、なかなかの難易度があります。
特にピッチエンドランの難易度が上がってきます。

原因として考えられるのが、ヘッドスピードを加速できずに、
コントロールする必要があるからです。

コントロールしようとすると、インパクトが緩んでしまいがちです。
パターで転がせたら最高ですが、グリーンまで多少距離がある場合は、
SWでボールを上げていく必要があります。

芝が枯れている時は、ボールを右サイドに寄せて、ダウンブローで打ちたくなりますが、
ダウンブローで打ちこんでしまうと、ヘッドが鋭角に入ってしまい、
ダフリの原因になってしまいます。

だふらないためには、ソールを滑らせる必要があります。
滑らせるためには、ハンドファーストになりすぎないようにすることです。

手首からヘッドにかけて、一直線になるような感じにすると良いです。
スイング中は、身体から手首が離れないようにすることが大切です。

フォロースルーで手首を親指側に折っていくことが重要です。
下半身主導でスイングしてみて下さい。

下半身と身体の回転でスイングするためには、左わきを締めてスイングすると良いです。
極力手首の動きを抑えてスイングしてみて下さい。