冬場のスイング -アイアン-


今回も、冬場のスイングについて、紹介したいと思います。

冬場で、芝が薄くなっていたり、グリーンが硬くなっていても、
しっかり乗せていきたいものです。

冬場は、ドライバーに限らずアイアンでも、飛距離は落ちてしまいます。
セカンドショットで避けたいのは、飛ばないからと言って、大きめのクラブを
握ってしまい、グリーンをオーバーしてしまうことです。

芝が薄いこの時期のグリーン奥からのアプローチは、大変難しくなります。
グリーンを外したとしても、グリーンの手前にボールが落ちるようにしましょう。

グリーンを確実に捉えるためには、スピン量があまり増えないようにすることです。
スピン量を抑えることができれば、ボールの方向性が良くなります。

スピン量を抑えるためには、ハンドファーストは禁物です。
手首、両肩のラインが二等辺三角形を描くように、手首とクラブが身体の正面に来るようにします。

スピン量を抑えるためのスイングは、フォロースルーで両腕を伸ばしていくことです。
両腕を曲げてしまうと、スピン量が増え、ボールが高く上がってしまいます。

アドレスでは、両肩の硬さが地面と平行になるようにしてください。
左肩が上がってしまうと、クラブが下から入ってきてしまい、
ダフリが多くなってしまいます。

左肩が下がってしまうと、クラブがダウンブローになってしまい、
スピン量が増えてしまいます。

冬場のラウンドでの最大の難関は、アプローチでしょう。
芝が薄くなっていることが原因ですが、それでもできるだけ寄せたいものです。

使用するクラブは、ウェッジ系でスピンを効かせて、寄せたいものです。
冬場は、地面が凍っていたりして、ソールが滑らず、地面に跳ね返されてしまいます。

常に一定の角度でボールにクリーンヒットさせる必要があります。
ヒット率を安定させるためのポイントは、手首にあります。

右手の手首の角度を常に一定にして、インパクトします。
右手の手首を一定にする練習法としては、右手一本でスイングする方法があります。

右の手首の角度を維持したまま、ボールを打ってみます。
インパクト後も角度を維持するようにします。

ボールを転がしたいときは、右の手首の角度を維持しつつ、
右ひざをターゲット方向に動かしてあげると、ランが出やすくなります。

ボールを上げたい時は、右手でボールをすくいあげて上げるようにすると、
ボールがフェース面に乗っかって、ボールがあがります。
この動作を早くしてしまうと、トップしやすいので、ゆっくり動かして下さい。

この時は、身体が開かないように注意して下さい。
身体は、常にボールを方向を向いているようにします。