冬場のスイング -ドライバー-


今回は、冬場のスイングについて、紹介したいと思います。

冬場は、気温が低いため、身体の捻転は、夏ほどには期待できません。
キャリーを稼ぐことは、難しくなります。

しかし地面は固く締まるので、キャリーはそんなに出なくても、
ランが出やすくなるので、トータルの飛距離は、あまり変わらなくなります。

ドライバーショットでは、飛距離よりも方向性を重視したショットが求められます。
方向性を安定させるためには、スイートスポットにボールをしっかり当てることが重要になります。

そのためには、低いボールを打つことが大切です。
まずは、ティアップを低く構えます。ティアップの目安は、
ボールの一番上とヘッド一番上の高さが、同じになることです。

グリップは短めにします。グリップを短めにすれば、スイング軌道の半径は、
小さくなります。グリップエンドから5センチくらい余らして握ります。

目線を低く保ちます。目線を低く保つと、インパクトの時に、身体の起き上がりを防いて、
前傾角度を維持することに、役立ちます。

バックスイングは、ゆっくり上げていきます。早く上げてしまうと、
手打ちになりやすく、捻転が十分にできません。
トップは、アゴに左肩が触れば、それ以上無理に回さなくても大丈夫です。