分厚い当たりをマスターする練習ドリル


今回は、分厚い当たりをマスターする練習ドリルについて、紹介したいと思います。

アイアンでの飛距離を安定させるための要素は、ヘッドの入る角度と
ボールの回転量です。これらの要素を満たすためには、ヘッドをダウンブローで
真後ろから入れて、スコアラインの下から3本目のラインにボールが当たる必要があります。

ボールから飛球線方向にボール一個分離れたところに、架空のボールを地面の中に埋め込みます。
その架空のボールを打っていくイメージを持ちます。そうするとダウンブローで打ちやすくなります。

ダウンブローで打つポイントは、手首のコックをほどかないことと重心を維持したままスイングすることです。

クラブが長くなるほど、飛距離を出したい意識が強くなってしまい、
手首のロックが早くほどけてしまい、重心が上がり、アッパーブローになってしまいます。

アッパーブローを無くすための練習ドリルが、右手親指人差し指離しスイングです。
右手の親指と人差し指を離したままスイングしてみて下さい。器用な指を使わないことによって、
ボディターンが使えるようになって、ダウンブローが打ちやすくなります。

ダウンスイングでは、身体を右に向いた状態で、クラブを下してみて下さい。
上体の突っ込みを防ぎ、ヘッドスピードが上がってきます。