切り返しをマスターするための練習ドリル


今回は、切り返しをマスターするための練習ドリルについて、紹介したいと思います。

たくさんゴルフ雑誌を読んで、頭で熟考しても、なかなか上達しない方は、多いと思います。
ゴルフは知識を得ることも大切ですが、実際に身体を動かして覚えていく必要があります。

身体を動かしてマスターすべきポイントは、腕で振るのではなく、下半身を有効に使うことが大切です。
下半身を有効に使うためには、左サイドの股関節と肩甲骨の動きが重要になってきます。

この動きを覚えることによって、毎回同じスイングを繰り返すことができます。
右サイドの股関節で腰を回転させてしまうと、スイング軌道にズレが出てきます。

左股関節を回転させる意識を持つと、切り返しを行うタイミングが取りやすいです。

日常生活で立っている時は、両足を揃えるのではなく、左足を1歩引いて、立ってみてください。
この動きが切り返し動作そのものなのです。車を運転する時は、両脇を締めて、運転してみてください。

両脇を締める習慣を身につけることによって、腕をリラックスすることができて、
手打ちを防ぎ、ボディターンをしやすくなります。両脇を開けてしまうことは禁物です。

両脇を開くことによって、腕を自由に動かすことができてしまい、
スイングの再現性が落ちてしまいますので、注意してください。