切り返しをマスターする方法


今回は、切り返しをマスターする方法について、

紹介したいと思います。

 

多くのゴルファーの方々は、ボールに当てたい気持ちが

強すぎて、ただ当てるだけのスイングになっています。

 

上級者になると、ボールが当たる瞬間のインパクトは、

スイングの途中経過に過ぎません。

 

スイングのゴールは、フィニッシュの意識なので、

切れのあるスイングになっています。

 

最近のクラブは、重心の距離が長めに設定されているので、

切り返しで力んでしまうと、スイング軌道が乱れてしまいます。

 

スイング軌道が乱れると、ミスショットが大きくなってしまいます。

切り返しから時計の9時くらいまでは、

クラブをすーっと下ろしてきます。

 

9時くらいから4時くらいまでを力を入れます。

そうすると、インパクトでどーんと言う感じになり、

ボールに力が伝わります。

 

9時から4時にかけては、どんなに力が入っても、

問題ありません。

 

スイング軌道を正確に描くためには、

ボールをセットした位置から、1メートルくらいのところに、

小目標をセットします。

 

小目標をセットしたら、小目標に向かって、

まっすぐクラブを降り出していきます。

この時に、両目を結んだラインが飛球線と平行になる

イメージを持ってみて下さい。

 

両目のラインがずれてしまうと、

プッシュアウトしてしまうので、注意して下さい。