切れのいいスイングの見つけ方


今回は、切れのいいスイングの見つけ方について、

紹介したいと思います。

 

切れのいいスイングをして、ヘッドスピードを上げるためには、

過度の体重移動は禁物です。

 

体重移動をしすぎてしまうと、ダウンスイングで

ひざが流れてしまいます。

 

ひざが流れてしまうと、フォロースルーをとりにくくなり、

上半身が窮屈になってしまいます。

 

ひざが流れないようにするためには、

バックスイングで、体重を右に移動したら、

ダウンスイングでは、体重を右にキープしながら、

スイングしていきます。

 

そうすると、フォロースルーが楽になって、

スイングに余裕が生まれてきます。

 

アドレスでの体重移動は、

5:5がおススメです。

頭は、身体の中心にセットします。

 

バックスイングでは、右に体重が移動することによって、

6:4になります。

ダウンスイングでも、体重配分は6:4のまま、

スイングしていきます。

このスイングをマスターするためには、

ショートアイアンを使った練習がおススメです。

 

右足に体重をキープしながらと言いましたが、

フィニッシュでは、体重は左足に乗っています。

 

インパクトの瞬間は、両足に体重が乗っていますが、

その後は、左足に体重が乗っていきます。

 

ショートアイアンで、スロースイングします。

インパクト後は、右足を前に出して、歩き出してください。

インパクトまでは、両足は、べた足です。