切れのいいスイングをマスターする方法


今回は、切れのいいスイングをマスターする方法について、

紹介したいと思います。

 

クラブを横回転で振ってしまうと、

身体が開きやすくなってしまいます。

 

身体が開かないようにするためには、

縦回転のスイングが必要になってきます。

 

縦回転のポイントは、左腕にあります。

ダウンスイングで、左腕を地面に向かって

下ろしてくるイメージです。

 

腕を地面に向かって下ろすイメージを持つと、

身体が開きにくくなります。

 

手首が低い位置に下がってきます。

ダウンスイングの時は、頭をボール方向に向けておいて下さい。

 

インパクトで頭が上がらないようにして下さい。

 

ここで、切れのいいスイングをするための

練習ドリルを紹介します。

 

クラブを右手で持ちます。

右手1本で、手首の角度をキープしながら、

スイングしていきます。

 

インパクト前に手首の角度が崩れてしまうと、

ダフリの原因になります。

 

手首の角度がキープ出来ていても、

身体が飛球線方向に流れてしまうと、

トップしやすくなります。

 

クラブが常に身体の正面にあるように、

スイングしてみて下さい。

 

このドリルは、ボールを正確に捉えることが

難しいので、最初はティアップすると効果的です。

 

常に身体の正面にクラブがあるように、

スイングしてみて下さい。