前傾角度のキープとスイングリズム・テンポを同時にマスターする練習ドリル


前傾角度のキープとリズムを整える事が出来る練習ドリルについて、紹介したいと思います。

コースに出ると、前傾角度が変わってしまったり、
スイングリズムが速くなってしまう方は、多いと思います。

そこで、練習場で出来る前傾角度のキープ方法と
スイングリズムの整え方について、お話ししたいと思います。

前傾角がキープできない方は、ヘッドアップが早かったり、
お尻が飛球線方向に出てしまったり等、さまざまな原因があります。

今回のドリルは、打ちながら覚えていただく方法です。
マットの上にボールを縦方向に2個セットします。

2つ並んでいるボールの手前から、アドレスを作っていきます。
アドレスを作ったら、肩から肩までのスリークオーターの振り幅で、
手前のボールを打ちます。

この時、ボールから眼を離さないようにして、前傾角度をキープします。
フィニッシュまで、ボールを見続けて下さい。
aa

打ち終わったら、動きを止めないで、クラブをバックスイングしていきます。
次は、奥のボールを打つので、バックスイングした時に、右足を前に移動します。

最後に左足を前に移動して、踏み込みながら、奥のボールを打ちます。
フィニッシュを大きくとって下さい。

1個目のボールを打つ時は、ゆったりとしたスイングをします。
前傾角度をしっかりとキープして下さい。

2球目は、大きくフォロースルーをとって、フィニッシュを決めて下さい。

1球目で前傾角度がキープできていないと、2球目を打つ準備ができず、
しっかり打つことができなくなってしまいます。

この練習を続けることによって、前傾角度とスイングリズムを改善することができます。

こちらの動画をご覧ください。

最後までご購読いただきありがとうございます。