前傾角度をキープするためのスイング軌道


今回は、前傾角度をキープするためのスイング軌道について、紹介したいと思います。

ボール付近のスイング軌道をストレートにしようとしてしまうと、身体が伸びあがってしまいがちです。
インパクトからフォロースルーにかけて、スイング軌道をストレートにしてしまうと、
手首も前に出てしまうので、上体が伸びあがってしまいます。

スイング軌道は、ゆるやかな円を描くことが重要です。特にインパクトからフォロースルーにかけては、
インサイドにヘッドが抜けていくことが大切です。

ゆるやかな円を描くためには、バックスイングを小手先で上げてはいけません。
小手先で上げてしまうと、クラブが外側に上がってしまい、上体が起きやすくなります。

バックスイングは、身体の回転を使って、低く円を描くように上げていきます。
そうすると前傾角度をキープすることができます。

体重はかかとではなく、つま先体重にしていきます。さらに前傾角度をある程度とって下さい。
そうするとスイング軌道が、ゆるやかな円を描くようになってきます。

インパクトからフォロースルーにかけては、フェイス面をクローズドにするようにインサイドに振り抜いていってください。

インパクトからフォロースルーにかけては、ボールの右側を見続けると、前傾角度をキープしやすくなります。