前傾角度をキープする方法


今回は、前傾角度をキープする方法について、紹介したいと思います。

ゴルフでナイスショットをするためのポイントは、前傾角度をキープすることです。
しかし多くの方々が、前傾角度をキープすることに苦慮しています。

原因として考えられるのが、ダウンスイングの時に腰が前に出てしまうことです。
お尻が前にでてしまうと、身体が起き上がってしまい、
前傾角度をキープすることができなくなります。

腰が前に出てしまうと、手首も上がってしまい、フェイス面がオープンになって、
クラブが遅れて下りてきてしまいます。
なかには、バックスイングで既に身体が起き上がってきてしまいます。

前傾角度は、自分ではできているつもりでもできていないことが多いところがやっかいだと言えます。
前傾角度をキープできると、さまざまな利点が出てきます。

前傾角度を最後までキープすることによって、ボールまでの距離が一定になって、
手首で微調整する必要がなりなります。

ボールへの入射角、フェイス面の向きが一定になってきます。
フェイス面が飛球線に対して直角に戻ってくるので、ストレートボールを打てるようになってきます。

ボールをしっかりととらえることができるので、ボールへエネルギーが伝わりやすく、飛距離が伸びてきます。