前傾角度をキープする方法


今回は、前傾角度をキープする方法について、紹介したいと思います。

前傾角度を維持するためには、筋力は思ったほど必要ではありません。
ダウンスイングの時に、右ひざを伸ばしていく動作が行えば、
自然と前傾角度を維持することができます。

多くの方は、右ひざを伸ばしてしまうと、身体も起き上がってしまうと勘違いしているようです。
そんなことはありません。右ひざを伸ばすことによって、腰がきれいに回転していくのです。

腰がきれいに回転すると、前傾角度を維持しやすくなり、ボールをきれいに捉えることができます。
右ひざを上手く使う方法について、紹介したいと思います。

背筋を伸ばした状態で、腰と膝を曲げて、前傾角度を作ります。
これがトップの形になってきます。
次に膝を伸ばして、腰を地面と水平を維持しながら、回転していきます。
これがフォロースルーの形になってきます。

この2つを組み合わせることによって、スイングを作っていきます。
トップでは、右ひざの角度を維持しておいてください。
伸びてしまうと、インパクトで身体が下がってしまい、ミスショットの原因になります。

トップでは、膝の角度を維持して、さらに腰の角度を維持することによって、
正確なインパクトを迎えることができます。