前傾角度を保つためのリラックス法


今回は、前傾角度を保つためのリラックス法について、紹介したいと思います。

ゴルフでナイスショットをするためのポイントである前傾角度をキープするには、リラックス法が有効です。

リラックスは必要ですが、リラックスを意識してはいけません。
リラックスできれば、トップからダウンスイングにかけて、
クラブがまっすぐ下に降りてきて、インパクトではアドレスと同じ位置に戻ってきます。

リラックスするためには、リズムをとることが大切です。
右、左だと、インパクトを急いでしまい、上体が突っ込んでしまいます。

右、右、左のリズムをとると、リラックスできて、左足に突っ込んでしまうこともなく、
ボールに体重がしっかり乗りやすくなります。

他には、クラブ逆にぎりスイングです。クラブを逆に握っていただいて、何回か素振りをします。
ヘッド側を持っていますから、クラブを軽く振ることができます。

そのあと通常の握り方をします。ヘッドが遠くなるので、クラブを重く感じることができます。
重さを感じることがリラックスにつながります。

スタンスを広めにとることもおススメです。下半身が安定してくるので、上半身がリラックスしやすくなります。
両足を同時に広げてしまうと、ボール位置も変わってしまうので、右足だけを広げると良いです。