力のあるフェードボールを打つ方法


今回は、力のあるフェードボールを打つ方法について、

紹介したいと思います。

 

スイング軌道がカット軌道で、球筋がフェードボールの

方々に多いのが、ミスショットで、ボールをこすってしまい、

フェードボールに力が入らないことだと思います。

 

力のあるフェードボールにするための方法が、

バックスイングを深くとることと

フォロースルーで左わきを締めることです。

 

上体の捻転が不十分になってしまい、

バックスイングが浅くなってしまうと、

上体が突っ込みやすくなったり、手打ちになりやすくなります。

 

上体を平べったい板だとイメージしていただいて、

板を90度以上回転させるイメージを持ちます。

 

そうすると、十分な捻転を得ることができるようになります。

バックスイングが深くなることによって、

ヘッドスピードが上がって、インサイドからボールを

捉えることができるようになります。

 

フォロースルーで左わきを締めることも忘れてはいけません。

左わきが空いてしまうと、フェース面がオープンになってしまい、

ボールをこすってしまいます。

 

左わきを締めることによって、フェース面が返るので、

ボールをしっかりと捉えることができるようになります。

 

左わきを締める練習としておすすめなのが、

右手を使って、左わきを締めたり、

左わきにヘッドカバーを挟む方法があります。