単純思考でパットする方法


今回は、単純思考でパットする方法について、

紹介したいと思います。

 

単純思考でパットするためには、

どんなラインでもストレートラインに変換して

ストロークすることです。

 

どのくらい曲がるのかラインの深さを計算して、

ボールを打ち出していく方向を決定します。

 

曲がるラインの頂点を確認していきます。

弧の頂点にカップをイメージします。

 

ボールをまっすぐ転がしていくためには、

ヘッドスピードを速くしていくことが重要です。

 

ヘッドスピードを速くして、フェイス面の向きを確認します。

バックスイングのトップの位置を小さめにして、

フォロースルーを大きめに出していきます。

 

一般的には、バックスイングとフォロースルーを

同じにすることが多いと思います。

 

多くのごろファーの方々は、バックスイングを大きくしてしまい、

インパクトがパンチショット気味になってしまうことが多いです。

 

パンチショット気味になってしまうと、

フェイス面がぶれてしまいます。

 

バックスイングを小さめにすることによって、

インパクトからフォロースルーを大きくすることによって、

フェイス面の向きが安定して、まっすぐなストロークを

実現することができます。

 

まっすぐなストロークによって、ボールの転がりも良くなります。