受けグリーンのアプローチ攻略法


おはようございます!
みうら倶楽部の三浦です。

本日のテーマーはアプローチでの柔らかい球の打ち方です。
そして受けているグリーンの攻略法です。

思ったようにグリーンに止めることはできますか?

ダフりたくないと思い、ついつい強く入ってしまい、
グリーンの奥まで転がってしまったり外に出てしまうような事はありませんか?

特に 格式の高い伝統的なコースは、
グリーンが受けていることがほとんどです。

受けているグリーンというのは、
手前から奥にかけて上っているグリーンのことです。

こういったグリーンで特に大切なことは、
ピンよりも手前に必ずアプローチを止めることです。

下りのパットは距離が短くても非常に難しいです。

最悪、カップを過ぎて止まらず、
ファーストパットよりも距離が残ってしまい、

寄せワンの予定が3パットなんて悲惨な目にあってしまう可能性もあります。

そのためには、グリーンに止めやすい打ち方をする必要があります。
そして、ピンよりも手前にボールを止める必要があります。

この打ち方をマスターすることで、ダフりのミスも怖くなくなってきます。

詳しくはこちらをご覧ください。

柔らかい球の打ち方はこちら

追伸、、、

アプローチをもっと上達し、
ライバルに差をつけたい方はこちらをご覧ください。

http://mtgolfworld.com/greenmaster/