右ひじの使い方


今回は、右ひじの使い方について、紹介したいと思います。

ゴルフスイングにおいて、右ひじの使い方は重要になってきます。
右ひじを伸ばし過ぎてしまうと、スイング軌道がアウトサイドインになりやすくなります。

バックスイングでクラブをアウトサイドに上げ過ぎてしまうと、
最後は、クラブを肩の上に担ぐようになってしまいます。

その状態からダウンスイングをしてしまうと、インパクトが緩んでしまいます。
このことは、アプローチでも同様のことが言えます。

右ひじが突っ張ることによって、バックスイングで、フェイス面が下を向いてしまいます。
バックスイングの途中から、クラブを上げるために、フェイス面をオープンにしてしまいます。

そうすると、ダウンスイングではコックを使うことができずに、
ダウンブローでボールを打つことができなくなってしまいます。
ダウンブローで打てないと、スピンがかからず、止まりにくいボールになってしまいます。

アプローチで右ひじを緩めることによって、フェイス面の開きが自然体になってきます。
スイング軌道がアップライトになります。コックが入りやすくなり、
ダウンスイングでは、スイング軌道がダウンブローになります。

ダウンブローで打てれば、スピンが効きやすくなり、止まるボールを打つことができます。