右ひじを上手く使って低いボールを打つ秘訣


今回は、右ひじを上手く使って低いボールを打つ秘訣について、紹介したいと思います。

低いボールを打っていくためには、低く長いスイング軌道が有効ですが、
低く長いスイング軌道にするためには、いくつか注意点があります。

インパクトで、右ひじをどう伸ばしていくかと、左手の甲の方向です。
ダウンスイングで、右ひじに空間も持たせて、タメを作れるようにしてあげます。

ここで右わきが開かないようにすることが重要です。
インパクトからフォロースルーにかけて、右ひじを一気に伸ばしていきます。

右ひじを伸ばしていくことによって、低く長いフォロースルーが生まれてきます。
左手の甲の方向ですが、右ひじを伸ばすと同時に、
左手の甲を飛球線方向に向けていくことが重要です。

手首の角度がスイング中に変わらないようにして下さい。
そうすると、低く長いスイング軌道になってきて、さらに強く押し出せるようになってきます。

インパクト直前まで、右ひじを伸ばさないようにして下さい。
右ひじが伸びるのが早すぎると、ボールに当たるだけになってしまい、
飛距離が伸びないので、注意して下さい。

右ひじが早く伸びるのを防ぐには、右わきを締めておくことが重要です。
右わきが開いてしまうと、インパクト前に腕が伸びてしまうので、注意して下さい。