右への体重移動をなくしたインパクト


今回は、右への体重移動をなくしたインパクトについて、紹介したいと思います。

ボールをセットしないでスイングすると、体重移動できるのに、
ボールをセットして打とうとすると、うまく体重移動できない。

そのような方々は、体重を右に移動して、
左に戻す作業をなくすと、うまくいくことが多いです。

体重を右に移動させると、顔がボールから離れてしまいます。
するとボールが弱干小さく見えてしまい、恐怖感が出てしまい、
体重移動ができなくなってしまいます。

重心配分が50:50で、恐怖感を感じるのであれば、
右足:左足=80:20でアドレスしてみて下さい。

初めから体重を右足に乗せておけば、
ボールが遠くになる感覚が少なくなり、
スイングの始動がしやすくなります。

また本来ゴルフのグリップは、左手が上になり、
右手が下になります。右肩を傾けて、
右足に体重を乗せた方が合理的です。

切り返しでは、最初に左足から踏み込んでいきます。
左足を踏み込んだら、上半身を回転していきます。

そうすると、身体全体がうまく連動して、
強いインパクトを作ることができます。

下半身と同時に上半身が動いてしまうと、
腰を回転させることができずに、身体が右側に傾いてしまって、
体重が右足に残ったままになってしまうので、注意して下さい。

ところで、皆さんの利き目は、どちら側ですか?
利き目が右目の方であれば、右足体重がフィットしやすくなります。